« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月29日 (木)

サーキットダイエット!!

3分でOK!『発掘!あるある大辞典Ⅱ』発

サーキットダイエットで楽やせ!

の表紙に惹かれ 雑誌『ESSE』を購入した。



なんせ 産後の体重戻し期間と言われる6ヶ月まで

残すは リミット1ヶ月をきったからだ。

そんな事する前に「食生活を見直せ!」なんだけど・・・

ストレス解消ともなる“お菓子タイム”をなくす事は

拷問に近い(~ヘ~;)ウーン 大げさ。。。



独身の頃はスポーツクラブに通ったり、

妊娠前まで週末はボディーボードをしたりと

身体を動かす事は好きなほう。



運動も簡単そうだし。

これなら私にも出来るかもと実践してみた。





サーキットダイエット
とは

「有酸素運動」と「無酸素運動」を休憩無しに

3分間行う事によって、脂肪燃焼効果が高まり

リバウンドしにくいやせ体質になる。

との事。


結構、ハード。しかし運動不足のブヨブヨボディーには

心地よい疲労感( ~-~)_∩」 ムンッ

寝る前が効果的との事なので

今から2日目分やるぞ!

ここで宣言したし、

効果は結果が表れるという2週間後に

ご報告します 頑張るぞ!!(続くのか??)

*******************************

今日は母の誕生日。けんぼうが似顔絵をプレゼント。

Dsc02611 よーく見ると、顔が埋まってる。

Dsc02606_1

一緒に遊べる様になった2人。

| | コメント (4)

2006年6月27日 (火)

昔、むかしの話

今日の夕飯に“玄米ご飯(小豆入り)”を母が炊いてくれた。

玄米は好きな物のひとつ。

味も好きだけど、「身体にいい~痩せそう~」な感じがして

「私、身体を考えて いいものを食べているのよ」って

変な満足感を与えてくれる。

(こんな単純な事を思うのは私だけ?)



そして、昔(15年前)の事を思い出した。

新卒の私は、

渋谷にある自然館(自然食品販売&オーガニックレストラン)に入社した。

そこで、毎日 圧力釜で玄米を炊いていたので

好きになったのだった。


しかし、色んなお客さんがいたなあ。

 ・拒食症で、太りたくはないけど キレイになりたいという女性。

 ・何も買わずにレストランで使うイオン水をくださいとボトルを持ってくる男性。

 ・サプリメントが食事になっているに近い女性。

  などなど・・・・

肉は一切使用しないメニューだったので

作るものも新鮮だった。

グルテン(大豆たんぱく)を肉に見立てて調理していた。

これが 意外と美味しかった。

昼・夕のまかないは、お店の料理なので

「痩せられそう!」なんて 思っていたが

美味しかった為、食べすぎて 意味がなかった。。。


ここで習った、料理やサプリメントについては勉強になり

楽しく働いていたが、

過酷な労働条件と、将来も期待できない給料面で

1年間で辞めてしまいました。


その時の様な献立にしたら痩せられるのだろう。

でもダンナには絶対 不評だろうなあ。

| | コメント (2)

2006年6月26日 (月)

今度は“おたふく!?”

今朝、けんぼうの顔を見ると

片方の頬が 腫れていた。「おたふく?」

時間が経つごとに 腫れて もの凄い顔に・・・。

診察の結果は

細菌などが入って 腫れる事もあるので

片方腫れている状態で

おたふくかどうかは 今の時点では判断できないとの事。


辛そうなのに「こぶとり爺さん」の様になってしまった顔を見て

私と母は笑ってしまっている。

なんてヒドイんだろう。

でも、プウッ~としていて 愛らしい感じがしてしまった。

早く反対側も同じ様になって「おたふくです」とはっきりするといいけど。

またさーちゃんも感染するのかなあ・・・

| | コメント (2)

2006年6月25日 (日)

お手製オモチャ

今回、実家にはオモチャをあまり持参しなかったので

けんぼうの「ピシュン ピシュン(ピストル型武器の事)は?」

の要望に応え、

「これは ボウケンブルー の武器だよ」

と、これ↓↓を作ってみた。

Dsc02590

こんな物では納得がいかないかな・・・・

と思いきや 「ブルーのだ!!」と大興奮。



買い物に行くと、レジ脇の“お買い得品コーナー”

ピカチュウのお菓子つきオモチャが置いてあった。

「頼むから けんぼうの視界に入らないで~!」

「こんな場所に置かないでよ~」

と思った瞬間に

「ポケモンのスティック買う~!!!」

見つかった~~すかさず

「ママが作ってあげるから」

と手を引き、その場は何とか助かった。

家に帰ると、早速「作って~ 作って~」

今日は親も留守だし、

さーちゃんは泣いているし、お昼も用意しないと。。。

泣いてお願いされ、

正直「作るなんて言わなければ良かった・・・・」

その前に「ピカチュウってどんな顔だっけ??」


やっと落ち着いてから 適当に作ったのがこれ↓↓

Dsc02587 なんだこれ  ̄д ̄*)))

しかし「わ~ポケモンだ~!」

自分で色まで塗ってみたりして おおはしゃぎ。

こんなもので喜んでくれるなんて

かわいい時期なんだな。

面倒がらずに もっと作ってあげよう。

| | コメント (4)

2006年6月24日 (土)

託児所化した実家 パート2

大賑わいだった 実家も 明日で少し静かになる。

妹達が青森に帰るので・・・・。

Dsc02583

↑いとこ(8ヶ月)にハイキックを受けるけんぼう。

帰る前に、今まで散々 危険な目にあったり

驚かされた仕返し!とばかりなキック~!!!

私「そうだ~やれ やれ!」

って親がこんなんだから いけないのよね。。。。

この写真からも解るように

さーちゃんは すずしげ~♪



騒いでいた上の子二人は

たまにはお手伝いを。。。

Dsc02564

早い夏休みを満喫!と、お利口に見えるかも。

しかし・・・この直後には けんぼうは 

皮を投げつけて 遊んでいたヾ(-"- ) ・・・


明日から寂しくなるな~

私はついでに、あと1週間いる予定。

この貴重な時間を有効に使わねば!

“特別ボーナス小遣い”も もらったし

まずは自分の買い物に行くぞ~~

しかし 実家は いいな(*^m^*)

| | コメント (2)

2006年6月22日 (木)

託児所化した実家

祖父の事があってから

ついでに のんびりさせてもらおうと

今も実家で過ごしている。

青森から妹も子供連れで来ているので

4歳(女)

2歳(男:けんぼう)

8ヶ月(女)

4ヶ月(女:さーちゃん)

の、子供4人:大人4人。

そりゃー毎日が大騒ぎ ( ̄ω ̄;)!!



これが4つ子ちゃんだったら・・・・想像しただけでも尊敬してしまう。

しかし、下の子0歳児の二人はとてもおとなしい。

いつもの事だが、さーちゃんはこの状況でも

「私は私よ~」とばかりに一人で寝たりしている!!(これにも驚き)

問題は上の二人。

兄妹だったらこんな毎日なんだろうけど

一緒にも遊ぶけど 喧嘩がすごい。



4歳(女)
は、自宅では自分の世界に入り女の子らしい遊びをしていたのに

けんぼうがそこにズタズタと踏み込み、

しかも しつこく うるさく つきまとうもんだから



「けんぼう 来ないで~!! ○○を一人にして~!!!!」

と1日に何度も叫ぶ。。。

8ヶ月(女)は、けんぼうが来るだけで 

何かされるのでは・・・とばかりに泣く。


となると私も 
「ゴリャ~けんぼう!!!!」と叫ぶ。

妹も「けんぼう やめなさい!!!!」と叫ぶ。

妹は「けんぼうは面白すぎる」と言ってくれているので

助かるけど・・・・o(;-_-;)o



おとなしく遊んでいる時は

けんぼうは4歳(女)の指示に従って「はい!」「そうなのか!」とか

言って遊んでいるから笑える。

この大騒ぎも良い思い出になるだろうな。

Dsc02541

| | コメント (6)

2006年6月21日 (水)

「人間っていいなあ~♪」

お通夜と告別式が無事終わった。

子供を連れての参列は

思っていたより大変だった。。。

でも、最後のお別れが一緒にできてよかったな。



何か大変だったかと言えばやっぱり“けんぼう”だった。

(さーちゃんは相変わらず静か)

  • ロウソクの火を吹き消そうとした
  • お焼香の灰の方を触る
  • お膳の席を走り回る(私は追いかける) などなど

子供なら ありがちな行動を全て・・・・

ほんと疲れ果てた。。。。


そんな事ばかりしていたけんぼうも

告別式になると、前日で場になれたのか

うって変わって 良い子になっていた。


火葬場で最後のお別れをする時には

「いいな いいな にんげんっていいな~」(日本昔話のエンディング)

とジッチに手を引かれながら大きな声で歌っていた。

もちろん意味は解っていないけど

私の悲しみと疲れを 吹き飛ばしてくれた。

| | コメント (0)

2006年6月16日 (金)

続・ぜんまい ざむらい

Dsc02516

ぜんまい ざむらいのブームは日に日に熱くなり

こんな物を作ってみた。

予想以上の喜び振りだった。。。

| | コメント (0)

おじいちゃん ありがとう。

今朝、祖父が亡くなったと連絡がありました。

99歳 大往生そのものです!!

祖母(90歳)が息がすっとなくなるところを見ていたとの事で

とても幸せな旅立ちだったのです。


「おばあちゃん お世話になりました」

「お互い様よ」

これが最後の会話となり、それからは声も出さなくなったそうです。

はかりしれない程、長い時間を過ごしてきた二人。

こんな会話が出来るなんて素晴らしいことだと思う。


さーちゃんが産まれ里帰り中に

「お祝いは、自分達で会いに行かないと。」

と言って、車で1時間弱かかる実家まで来てくれた時に

会ったのが最後。

普段も横になっている事が多くなってきているというのに・・・

会ってもらい 抱っこしてもらえて本当に良かった。

祖父にしたら、最後に産まれた曾孫になったんだな~。


けんぼうはまだ“死”については理解できないだろうな。

味わったことのない雰囲気に驚いてしまうかも。

どんな反応をするのか、不安ではあるけれど・・・

明日から、最後のお別れをしに行ってきます。


おじいちゃん ありがとう。

Dsc01983

| | コメント (5)

2006年6月14日 (水)

ひっしょう だんごけん!!

スーパーで買い物中、

けんぼうが「あ~~コレ買う!」と言うので

今日はなんだ~??と思って見てみると



「だんごけん だんごけんダ~」
と大騒ぎ。

本当だ。NHK教育テレビ「ぜんまい ざむらい」の だんごけんだ!!

最近、親子でこの番組がお気に入り。

本も買って 登場人物をチェックしている。

Dsc02515

家に帰ってから、番組のビデオを見ながら

だんごを振り回して食べていました。。。。

なぜ どれも棒状の武器が好きなのか???

でも 微笑ましくて笑ってしまった。



“ぜんまい ざむらい”の誕生について興味のある方は続いて

ご覧下さい↓(長くなりますので・・・・・)

********************************

200年ほど前、“ぜんまいざむらい”は“ぜんのすけ”という名前だった。

忍び込んだお店で団子を食べていると・・・・

団子と思ってつまんだものが ねずみの鼻だった。


それに驚いて、井戸の中に落ちてしまった。


すると、そこにいた“だいふくのかみ”が

「心を入れ替えて いい行いをすると言うならこのぜんまいを与えよう!」

「ぜんまいが回っている間 おまえは生きる事ができる。」

「いい事をすれば その分 ぜんまいが巻かれるのだ」

そして、ぜんまいと 刀を与えられた。

108つのいい行いをすれば、生き返るらしい。

そして、良い行いをする“ぜんまい ざむらい”が誕生!

********************************

「なるほどね~いい話なのね」とみょうに興味深深になってしまいました。

| | コメント (3)

2006年6月13日 (火)

新たな武器を装着!!

トイザラスに行ったら

「オモチャを買わずには帰れない」



今まで、色々なオモチャを見て楽しんで帰ってきていたが

(売り物なんだけど・・・・)

もう ごまかしは効かない  ( ̄ω ̄;)う~ん…


そして けんぼうの目が釘付けになった

ボウケンジャーの「冒険武装 サバイバスター」

を買う羽目になったのでした。。。。

Dsc02500

“プシューン ブシューン”と鳴りっぱなしで、かなりウルサイ。

さーちゃんも眠りかけてる時に耳元でやられると

「イナバウアー」並みに反り返って驚く!かわいそう・・・・


けんぼうの根気(しつこさ)に負けて買ってしまったのだけど、

〔一度はごまかして 店を出たのに 気づかれてものスゴイ状況になってしまった〕

誕生日とかクリスマスなどのプレゼントに買おうね~

と言って理解してくれるのは いつの日なの?

みなさんは どうやって言い聞かせてるの?

そういう場所に行くことが もう「買う」が前提なのかも。。。

| | コメント (2)

2006年6月10日 (土)

寝ぼけるダンナ

けんぼうが寝ぼけて「出来ないの~!!!」とか

言っているのは 他の子も良くある事だろうから

あまり驚かなくなったけど


先日は驚いた!


ちびっこ2人と川の字になって寝ていると

人の気配を感じたのか 私はビックリして目を覚ました。

すると、別の部屋で寝ているはずのダンナが

さーちゃんを撫でて、私の顔を突付いていた。

時計を見ると2時頃だった。

「どうしたの?こんな時間に?」と聞くと

ものスゴクあせって「あ!こんな時間だ!朝かと思った!」

と言いながら 自分の部屋に戻って行ってしまった。

「なんだったのか?」何が起きたのか解らず。。

翌朝になって聞いてみると

覚えているらしく「朝かと思ったんだよ」との事。

朝かと思って、何故 あんな行動になるのか不思議だ(ε_ε)Z@zzz・・・・


たまにダンナは寝ぼける。

それも結構、笑える行動ばかり。


はじめて狂牛病が猛威を振るっていた頃のこと、

 ダンナ「おいおい!」

     (起こされる私)

 ダンナ「にくこっぷん(肉骨粉)食うなよ」

 私「え?????」

翌朝、聞いてみると

私達は牛になっていて、

牛なのに肉骨粉入りのエサを食べるなって忠告したとのこと。

あまり公表すると、叱られそうだけど、

収納の戸を開けて トイレと間違えたり、

なぜか私の首を絞めたり (゚д゚ノ)ノ ヒィィ!!・・・・・・


子供たちに何をするか解らないし、それもあって

別の部屋で寝ているダンナ。

一人で寝ている時にも色々とやっているのかも・・・・・。

大丈夫かしら。。。

| | コメント (4)

お菓子づくりで ストレス発散!!

まめにお菓子作りをする友達に「忙しいのにスゴイいね~」と言うと

みんなが「これでストレス解消になってるの」と返事が返ってくる。



私にはムリ・・・・


高校では「クッキング部」にまで入り(ほとんど出席してなかったけど)

たまにお菓子を作っていたけどなあ~

と思っていた。。(u_`u。)ダメダ・・・・


しかし、“そんな私にも出来る簡単なもの”を作ってみたら

納得!!これが 本当に「ストレス発散」になるではないか!

食べる時には「私もやるじゃな~い」と自分に酔いしれる(*^¬^)ノ∀

大したものではないのに褒められると、また良い気分。


そんな事で、さっき チビッコが寝静まってから

「チーズケーキ」を焼いてみました レシピはこちら→→「recipi.doc」をダウンロード

Dsc02392 ←これは以前に友達宅へ持って行った時のもの

焼き時間以外の準備&片付けが30分で出来るし

これぐらいなら たまには作ろうかな。。。。

食べ頃は、一晩、冷蔵庫で冷やしてからなので

明日の試食が楽しみ~。

| | コメント (2)

2006年6月 7日 (水)

潜伏していた・・・・

昨日 朝起きて さーちゃんの顔を見ると

プチンとおでこにデキモノが。

「あら ニキビみたいのが出来てる~!」と思った。

(余談ですが、名古屋弁で おでこ=でーすこ らしい。可愛い♪)


その日は幼児教室。

友達や先生に「さーちゃんのコレ(でーすこ)水疱瘡じゃない?」

と言われ、よ~く見ると

身体にもあるではないか!!

けんぼうの症状を見たばかりなのに(*・ο・)=з

しかも友達宅にまで連れて行ってしまった。ほんとうにゴメンナサイ。

無頓着というか、のんきというか・・・・


病院に行くとやはり“水疱瘡”でした。


けんぼうが発症してから 2週間経ったところだった。

ヤツは潜伏していたのか。

こうやって これからは二人が順番に

風邪など“感染リレー”していくんだな・・・・

お友達にまで続かない様に、もっと気をつけないと!

と反省しました。

***********************************

いつもおとなしい さーちゃん。

具合が悪いのか ますます おとなしい。

ず~っと 指しゃぶりして メリーを見つめてる。

声をかけるとニコっと笑うのが

「大丈夫だよ~」と言っているみたい。(勝手な解釈だけど)

けんぼうの時は機嫌が悪くて大変だったので

これまた真逆!!

小さいながらに我慢していないといいけど。。。。

| | コメント (6)

2006年6月 5日 (月)

お得なお出かけ(名古屋編)

子連れのお出かけといえば

安く(無料なら文句なし)遊べるところ!

毎回 何処に行こう・・・・って悩む。

週末はどこかしら 出かけるので

東山動物園と名古屋港水族館の年間パスは購入した。

(既に元はとった!)

そんな事で、先週末は「ナゴヤハウジングセンター日進梅森会場」へ。

お目当ては「轟轟戦隊 ボウケンジャーショー」

Dsc02464_3

↑このバックでの写真はマヌケだなあ・・・・

チビッコ達は「頑張れ~~」!と叫んで 可愛かった(*゚ー゚*)

握手会では一緒に写真も撮れ

パンチングボールなるものをもらい

かなり得した気分だった。

その他に良く行く場所といえば

*愛知牧場(動物とたわむれ アイスをほうばる)

*大高緑地(交通公園でゴーカートで熱くなる。新しい遊具の公園もなかなか)

*名古屋市科学館(雨の日に。電車好きにはたまらないコーナーあり)

*レトロでんしゃ館(こちらも電車好きにはたまらん)

*森林公園(遊具がいっぱい)

*岩屋堂公園(瀬戸にあり。夏は最高!プール・川遊び マイナスイオンを満喫)

*桧が根公園(夏の水遊びに最適!でも付き合う親は大変)

こういった所を繰り返し行っている。

みんな 同じ様なとこに行っているのかな~

どこか他にお勧めな場所はありませんか?

| | コメント (6)

出産・・・・私の場合(長くなりますが)

お友達がブログで出産の時の事を振り返っているのをみて、

けんぼうの出産時の「恐ろしい体験」を思い出した。

この話をすると皆が驚く。

他で聞かない話なので、

これから出産を控えた方は気にしないでいいと思います。

でも痛い話が苦手な方はスルーしてください。

******************************

出産予定日が近づいても、なかなか赤ちゃんが下がってこないので

レントゲンを撮ってみることになった。

骨盤が狭くて赤ちゃんの頭が通れないでいる事が解った。

(お尻が大きくても、関係ないらしい・・・・┐(´∑`;)┌)

(かなり胎動が激しかったけど 通れなくてバタバタしてたのかも)

そして2日後に帝王切開をすることになる。

******************************

手術中。

麻酔がかかりにくいのか、何度も注射をされたが

無事、元気なけんぼうと会うことができた。

ここまでは下半身麻酔。

後はキズを縫い合わせる為、全身麻酔になった。

なので麻酔がきれるまで時間がかかるので

「部屋に戻っても長時間寝ている事になりますよ」と聞かされていた。

なのに・・・・・

なんだか声が聞こえてきた。

手術中に聞くために渡したMDからの音楽。。。。。

担当医「違うよ、ここはこうやって。。。。」

研修医の女性「あ、はい。。。」

縫い方を指導している声が聞こえる。

と思ったら

「痛い!!!いたたたたたたたたたたた!!!!」

麻酔が切れた!

ものスゴイ痛み!でもすぐに意識がなくなったみたいだった。

そして手術室から病室にうつる時には

もう意識が戻っていてダンナ達と話もしていた。

担当医も驚いていた。

******************************

病室に戻ってからは寝ていた。

しかし、突然 変な感覚が。

“自分はここにいるんだけど、意識はここにあらず”といった感じで

呼吸も苦しい。

夜中に何度もナースコールを押して

酸素吸入をしてもらった。

朝になってもその感覚は治らず、

こんな姿をダンナ達が見たら驚くので

「実家に電話させてくれ」

「私は精神科に受診した方がいいのでは?」

意味不明な事を話しているんだけど、自分でははっきり解っている。

そんな状態が2日間続いた。

******************************

こんな事になったのは、自分がおかしかったから、

産後ブルーにでもなっているんだ。

と思い、何度も見に来てくれる先生に謝ったりしていた。

今考えれば、麻酔が原因でなっていたんだろうに。

******************************

しかし、こんな事もあったけど

さーちゃんの時も同じ担当医にお願いすることにした。

もちろん 前回の様な事がないか しっかりと確認してから。

なので、2度目はとっても楽に退院まで迎えられた。

お友達など、出産の時の話を聞くと

皆、それぞれ 驚く様な体験をしている。

自分の中から子供が産まれてくるんだもの

普通ではあり得ない事がおきてもおかしくないか。。。。

| | コメント (0)

2006年6月 2日 (金)

勝手な想像が・・・・

今日は けんぼうの幼児教室。

いつもは送り迎えだけの親も 一緒に参加する日だった。

けんぼうは最初は行くだけで泣いていたのに

今では楽しい場所になったみたい。

やっぱり 保育のプロの指導はスゴイな~と感心するばかり (´>ω<)ノ

そんな“成長ぶり”を見れるのね~と

楽しみにして行った。

が、しかし!

いきなり 手作りおもちゃで 私を攻撃!

お友達(女の子)にまで攻撃!

先生にまで攻撃!

リズム遊びが始まると「抱っこでやる~~」

あ~あ~(x_x;)

勝手に「ママ見て~」と言わんばかりに

楽しそうに踊ったりする姿を想像していたのになあ。

やっぱり一緒にいると 甘えてしまうのね。

仕方ないか。。。。。

お友達はどうかなと見てみると

同じ状況の子もちらほら~

ママは私と同じ心境だったのかな?

帰り際に先生に聞いてみた。

「けんぼう お友達の事 叩いたりしてませんか?」

「お友達の事はしてないと思いますよ~でも私は良く叩かれます(笑)」

って。。。。あ~あ~ ダメだこりゃー!!!!!

いつまで しつこく怒らないといけないんだか・・・・

しかし、一緒に遊んで

ママ達とも色々お話が出来て楽しく過ごせた。

そして いつもの様に教室だけでは

体力が有り余っているいつもの“男3人衆”は

近くの公園でお昼も食べずに遊び続け

1時間経って 無理やり引きずる様に帰って行った。

自分だけだったら この時間が苦痛だろうけど

同じ状況のお友達がいて 良かった!

3人の様子を見るのも面白いし。

ここでもママ達とお話もできるし。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この時間まで 大泣きする事もなく

おりこうに付き合ってくれる さーちゃんは

親ながら感謝。

お誕生日が1週間違いの男の子と二人で仲良く

同じベビーベッドに寝たり、先生に抱っこされたり。

こちらの成長も一緒に見れて嬉しい。

そして、この状況で過ごす二人は

大物になりそうな予感がする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

5月12日教室の庭に植えた「とうもろこし」

こちらは すごい成長していた。

今日「とうもろこし食べる~」と言っていたけんぼう。

焦りすぎだぞ~ 

Dsc02373_1

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Dsc02457_2

   

| | コメント (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »